『フェイクフィクション』(誉田哲也) 集英社
 発売:2021年11月05日 価格:1,870円(税込)

東京・五日市署管内の路上で、男性の首なし死体が発見された。刑事の鵜飼は現場へ急行し、地取り捜査を開始する。死体を司法解剖した結果、死因は頸椎断裂。「斬首」によって殺害されていたことが判明した。一方、プロのキックボクサーだった河野潤平は引退後、都内にある製餡所で従業員として働いていた。ある日、同じ職場に入ってきた有川美祈に一目惚れするが、美祈が新興宗教「サダイの家」に関係していることを知ってしまい……。――囚われた彼女の奪還。愛する人を失った者たちの復讐劇。疑いなき信仰心に警鐘を鳴らすセンセーショナルな最新長編。

【著者プロフィール】

1969年、東京生まれ。2002年『妖の華』で「第2回ムー伝奇ノベル大賞」優秀賞を受賞しデビュー。2003年『アクセス』で「第4回ホラーサスペンス大賞」特別賞受賞。警察小説として『ストロベリーナイト』をはじめとする〈姫川玲子シリーズ〉、〈ジウ・サーガ〉、青春小説として『武士道シックスティーン』をはじめとする〈武士道シリーズ〉など、幅広いジャンルで話題作を発表し続けている。その他の著書に『あなたが愛した記憶』『背中の蜘蛛』『もう、聞こえない』など。

(Visited 39 times, 1 visits today)