本のニュースを毎日お届け!
1 2 5
1 2 9
1 2 7
1 2 5

カテゴリー: 新刊インタビュー1 / 12 ページ

自分のベストアルバム的な作品集ですので、どんな方にも「刺さる」一篇があるのではないか、と思います――『嘘つき姫』坂崎かおるさんインタビュー

2020年に本書収録の「リモート」で「第1回かぐやSFコ…

登場人物たちの中にある青春特有のやりきれない苛立ちやもどかしさを物語にしたい――『ハツコイハツネ』持地佑季子さんインタビュー

映像作品の脚本家として活動する傍ら、小説執筆を手掛ける持…

絶望的な状況でも明るく前向きに生きてきたみずきの姿が、誰かの何かの助けになれば――『日本一周中に彼女が余命宣告されました。』こうへいさん(サニージャーニー)インタビュー

2022年の春、沖縄の港から1組のカップルが旅に出発しま…

日常に新しい発見を与えられるような小説家になりたい――『コレクターズ・ハイ』村雲菜月さんインタビュー

ちょっと前までなら「オタク」、今風に言えば「推し活」。な…

絶体絶命の少女たちが連帯し、運命に立ち向かう物語です――『推しの殺人』遠藤かたるさんインタビュー

90年代の終わりごろからはじまり、いまやすっかり定着した…

「恐怖」を常に意識してしまう、生粋のホラー作家なのかなと思います――『死人の口入れ屋』阿泉来堂さんインタビュー

骨董、アンティーク、古道具……希少な美術品や宝飾から、工…

馴染みのない方ほど、キャンプ場という異界に足を踏み入れる恐怖が高まるかもしれません――『歪つ火』三浦晴海さんインタビュー

一時期の過剰なブームは落ち着きつつあるものの、アウトドア…

これまで書いたことのないような話になりましたが、私らしさはあると思います。むしろフルスロットルかもしれません――『キスに煙』織守きょうやさんインタビュー

2013年に現役弁護士作家としてデビューし、ミステリやホ…

何気ない時間を大好きな人たちと過ごす大切さを感じ取っていただければと思います――『余命100食』湊祥さんインタビュー

「『最後の晩餐』にはなにを食べたい?」――テレビ番組でタ…

じつは大まかなプロットが完成した時点では、「案山子」はまだ登場していませんでした――『案山子の村の殺人』楠谷佑さんインタビュー

これまでおもにライト文芸のジャンルでミステリ作品を発表し…