『カミガカリ 不自然言語処理殺人事件』(八女深海) 小学館
 発売:2024年06月06日 価格:825円(税込)

全国の殺人事件・行方不明者などのビッグデータを“喰らい”、未解決殺人事件の犯人の名前を告げる神・シラツカサナギ。一見便利に見えるサナギだが、大きな欠点があった。犯行の“過程”がわからないのだ。そのため神が告げた穴だらけのヒントをもとに、欠けてしまった真実のピースを補い容疑者の有罪を立証する「カミガカリ」と呼ばれる者たちが秘密裏に組織され――。デジタルデータで繋がれた、神と人との二人三脚での探偵行為。神がフーダニットを、人間がハウダニットを担当する新感覚ミステリー!

【著者プロフィール】

2022年に本作で「第1回AIのべりすと文学賞」小学館賞を受賞を受賞(ギン・リエ名義)。

(Visited 10 times, 1 visits today)