『invert Ⅱ 覗き窓の死角』(相沢沙呼) 講談社
 発売:2022年09月14日 価格:1,980円(税込)

嵐の山荘に潜む若き犯罪者。そして翡翠をアリバイ証人に仕立て上げる写真家。犯人たちが仕掛けた巧妙なトリックに対するのは、すべてを見通す霊媒師・城塚翡翠。だが、挑むような表情の翡翠の目には涙が浮かぶ。その理由とは――。ミステリランキング5冠を獲得した『medium 霊媒探偵城塚翡翠』、発売即重版となり10万部を記録した『invert 城塚翡翠倒叙集』に続く待望の第3作目。犯人視点で描かれる倒叙ミステリの金字塔!

【著者プロフィール】

1983年、埼玉県生まれ。2009年に『午前零時のサンドリヨン』で「第19回鮎川哲也賞」を受賞しデビュー。2016年に発表した『小説の神様』は2020年に実写映画化されている。また2019年には『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「第20回本格ミステリ大賞小説部門」を受賞。近著に『invert 城塚翡翠倒叙集』『教室に並んだ背表紙』など。

(Visited 8 times, 1 visits today)