『4月1日のマイホーム』(真梨幸子) 実業之日本社
 発売:2023年02月22日 価格:1,870円(税込)

東京都S区の分譲住宅「畝目4丁目プロジェクト」。念願の新居に胸膨らませ引っ越してきた住人たちだが、ある家から死体が見つかった。この土地にはかつて、昭和30年代に往年のスター・未唯紗英子が建てたアパートメントがあり、大量殺人事件が起きたという噂が――。土地の因縁か、事故物件か。読後の後味の悪さこそが魅力の「イヤミス」で人気を集める著者の最新作は、衝撃の結末が待つ、ノンストップ“家(イエ)ミス”×イヤミス! 大ヒット『6月31日の同窓会』に続く“日付シリーズ”第2弾となる中毒性100%ミステリ!

【著者プロフィール】

1964年宮崎県生まれ。2005年に『孤中症』で「第32回メフィスト賞」を受賞しデビュー。2011年に文庫化された『殺人鬼フジコの衝動』がベストセラーとなり、”イヤミス”の急先鋒として話題に。その他の著書に『女ともだち』『人生相談』『5人のジュンコ』『坂の上の赤い屋根』『縄紋』『聖女か悪女か』『フシギ』『まりも日記』『一九六一 東京ハウス』、近著に『さっちゃんは、なぜ死んだのか?』『シェア』などがある。

(Visited 80 times, 1 visits today)