『原因において自由な物語』(五十嵐律人) 講談社
 発売:2021年07月15日 価格:1,815円(税込)

司法試験合格後にかねてからの夢だった小説家を目指し、2020年に『法廷遊戯』でデビューした驚異の新人として注目を集めた著者の第3作。ロースクールの学生が主人公のデビュー作、少年犯罪を描いた前作に続く本作では、小説家としての環境に触発されたかのように、秘密を抱えながらその露呈と引き換えにしてでも書きたい物語と出会ってしまった人気作家の姿を描く。

【著者プロフィール】

1990年、岩手県生まれ。東北大学法学部卒業後ロースクールに進み、司法試験に合格。2019年に「第62回メフィスト賞」を受賞し、受賞作『法廷遊戯』で翌年デビュー。近著に『不可逆少年』。現在は司法修習を経て弁護士としても活動している。

(Visited 234 times, 1 visits today)