『ぬくもりの旋律』(岡田真理) 河出書房新社
 発売:2024年06月14日 価格:1,760円(税込)

スポーツ紙の記者・直生は、絶大な信頼を得ている栄神タイガースの投手・宮城から、フリーエージェント権を行使してメジャーへ挑戦することを知らされる。その挑戦を喜ぶと同時に、少しだけ羨ましく思う直生。独立して海外で取材活動を夢見る直生だったが、次女は発達障害を抱え、家のことを任せきりだった妻は怪我で入院し、緊張の糸が切れたように塞ぎ込んでいる。何一つ声をかけることができないまま、深まる溝、先の見えない未来。後悔の中、直生はそもそも自分は、なぜ、この仕事を選んだのか振り返る。すると、中学時代に出会った先輩・佐々倉の姿が脳裏に浮かんできた。――いま、小さな再生の物語が幕を開ける。

【著者プロフィール】

1978年、静岡県生まれ、プロアスリートのマネージャーを経てフリーランスライターに転身。プロ野球を中心に取材。2023年に脚本家デビュー。今回、初の小説作品となる本書を上梓。

(Visited 28 times, 1 visits today)