『その本は』(又吉直樹、ヨシタケシンスケ) ポプラ社
 発売:2022年07月14日 価格:1,650円(税込)

「わしは本が好きだ。今までたくさんの本を読んだ。たいていの本は読んだつもりだ。しかし、目が悪くなり、もう本を読むことができない。でもわしは、本が好きだ。だから、本の話を聞きたいのだ。お前たち、世界中をまわって『めずらしい本』について知っている者を探し出し、その者から、その本についての話を聞いてきてくれ。そしてその本の話をわしに教えてほしいのだ」本の好きな王様の願いを受けて旅に出たふたりの男は、たくさんの本の話を持ち帰り、王様のために夜ごと語り出した――。お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹と、大人気の絵本作家ヨシタケシンスケによる、抱腹絶倒・感涙必至の本の旅!

【著者プロフィール】

又吉直樹/1980年、大阪府生まれ。2000年ごろからお笑い芸人として活動をはじめ、2003年よりお笑いコンビ「ピース」を結成。2009年ごろから執筆活動も手掛けるようになり、2015年に本格的な小説デビュー作『火花』を発表。同年の「第153回芥川賞」を受賞。同作はNetflixにより映像化も行われた。その他の著書に『劇場』『人間』など。本年発売された『人間』の文庫化に際しては大幅な加筆が行なわれた。
ヨシタケシンスケ/1973年、神奈川県生まれ。2013年に発表された絵本『りんごかもしれない』は同年の「MOE絵本屋さん大賞」第1位を獲得し、「第61回産経児童出版文化賞」美術賞を受賞している。そのほかこれまでに「第8回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」、「ボローニャ・ラガッツィ賞」特別賞などを受賞し、作品は海外でも様々な国で翻訳出版されている。絵本作品『ぼくのニセモノをつくるには』『りゆうがあります』『もう ぬげない』、イラスト集『デリカシー体操』、エッセイ『思わず考えちゃう』など著書多数。近著に『あんなに あんなに』『かみはこんなに くちゃくちゃだけど』などがある。

(Visited 21 times, 1 visits today)