プロ・アマチュアの垣根なく、読み手と書き手どちらの気持ちにも寄り添った小説投稿サイトとして昨年3月にオープンした「ステキブンゲイ」(https://sutekibungei.com/)。
その人気コンテンツのひとつであるリレー形式の連載小説「100回継ぐこと」に、ゲスト作家として女優の白石優愛さんが登場しました。

【「100回継ぐこと」とは】

「100回継ぐこと」は、二人の男女の、10年間の手紙のやり取りによって構成される小説です。内容は、大学受験や就職、東日本大震災、社会人生活やコロナ禍に翻弄されながらも、恋を育んでいく男女の繊細な機微を描いています。リレー形式で、100人が小説を紡いでいき、完成させる企画で、年内の完成を予定しています。2021年2月8日に第1章が掲載。執筆は、『この冬、いなくなる君へ』『叶わない恋を叶える方法』などの小説家・いぬじゅん氏が執筆を担当しています。以降、参加者を広く募り、4~5日に1章のペースで公開してきました。参加者はプロの小説家から、一般の小説投稿者まで幅広く、全体の企画・監修を、映画監督で脚本家の作道雄氏が担当しています。

【白石優愛さんが執筆したのは?】


白石さんが担当したのは第42章で、脚本の執筆に悩む女性が、元恋人に弱音を漏らす内容になっています。ご本人はTwitterで「本を読むのは好きですが、書くのはとっても難しかったです」とつぶやいていましたが、丁寧な筆致で描かれた白石さんによるパートは、今後の展開を考えても重要となりそうです。

【白石優愛プロフィール】

2001年7月1日生まれ、大阪府出身。女優。2013年、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』にて女優デビュー。中学校卒業と同時に上京、2018年上田慎一郎監督の映画『たまえのスーパーはらわた』主演に大抜擢、第10回沖縄国際映画祭で上映され注目を浴びる。他の参加作品としては、ドラマ『ウルトラマン R/B』(18)、映画『七つの会議』(19)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(20)、『小説の神様』(20)、『まともじゃないのは君も一緒』(21)など。最近では自身の YouTube チャンネルでギターの弾き語りも配信中。 

「100回継ぐこと」では今後も様々なゲスト作家の登場を予定しており、またプロ・アマ問わず、広く参加者を募集しています。

■ 作品URL(ステキブンゲイ): https://sutekibungei.com/novels/76e21c28-757b-439b-8af8-bbeba96af918
(参加申し込みはこちらから)https://docs.google.com/forms/d/1QkWro05tYiJkH0gPMEFuOp48i1BkiHrQV5jjjxyUXUE/viewform?edit_requested=true

(Visited 57 times, 1 visits today)