『獏の掃除屋』(風森章羽) 講談社
 発売:2023年02月01日 価格:1,705円(税込)

「獏憑き」の黒沢彩人は従兄弟の桂輔が社長を務める白木清掃サービスで、悪夢の原因となる穢れを取り除く「夢祓い」を行っている。実家のパン屋を継ぐ夢を絶たれた館平奈々葉、妻子と別れ、占い屋を営む根津邦雄、四歳の娘にどうしても優しくできない笑原香苗――穢れを喰べるほどに寿命が縮む獏憑き。しかし彩人には、残された時間でどうしても喰べたい悪夢があった――。

【著者プロフィール】

東京都生まれ。2013年に「第49回メフィスト賞」を受賞し、翌2014年に受賞作『渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト』でデビュー。同作が6作を数えるシリーズとなったほか、近著に『私たちは空になれない』などがある。

(Visited 227 times, 1 visits today)