『マイ・リトル・ヒーロー』(冲方丁) 文藝春秋
 発売:2023年03月24日 価格:2,090円(税込)

暢気なだけが取り柄の暢光は、事業を興しては失敗し、妻から離婚を言い渡される始末。離れて暮らす中2の息子と小3の娘とはオンラインで会うばかりで、オンラインゲームは最後の砦となっている。そんな中、息子の凛一郎が交通事故に遭い、意識不明に。悲しみに暮れる暢光だったが、ゲーム内で息子からメッセージが届き……。ゲームを通して成長し、繋がっていく、新しい家族の物語。

【著者プロフィール】

1977年、岐阜県生まれ。1996年に『黒い季節』で「第1回スニーカー大賞」金賞を受賞しデビュー。2003年に現在も続くシリーズの第1作『マルドゥック・スクランブル』で「第24回日本SF大賞」を受賞し脚光を浴び、2009年発表の『天地明察』は2010年に「第31回吉川英治文学新人賞」「2010年本屋大賞」「第7回北東文芸賞」「第4回舟橋聖一文学賞」を受賞し、直木賞候補となったほか、2011年にも「第4回大学読書人大賞」を受賞している。2012年には『光圀伝』で「第3回山田風太郎賞」も受賞。2017年には『十二人の死にたい子どもたち』が再び直木賞候補となった。「カオス レギオン」シリーズ、「ストーム・ブリング・ワールド」シリーズ、「シュピーゲル」シリーズ、「剣樹抄」シリーズ、『破蕾』『麒麟児』『アクティベイター』『月と日の后』など著作多数。近著に『SGU警視庁特別銃装班』『骨灰』がある。

(Visited 246 times, 1 visits today)