2022年の春、沖縄の港から1組のカップルが旅に出発しました。2人はこれから「マシューちゃん」と名づけた軽キャンピングカーで、動画配信をしながら日本一周するのです。こうへいさんとみずきさんの2人からなるYouTuber「サニージャーニー」の、旅のはじまりでした。その旅が、思わぬ形で中断することなど、まだ夢にも思わないまま――。

登録者数約20万人以上&総再生数3,700万超(2024年2月時点)の人気YouTuberであるサニージャーニーの、初の書籍『日本一周中に彼女が余命宣告されました。~すい臓がんステージ4 カップルYouTuber 愛の闘病記~』が3月21日に発売されました。

旅するカップルYouTuberだった2人の生活は、みずきさんに下されたステージ4のすい臓がんという診断と余命宣告によって一変。それでも明るく前向きに生きるみずきさんと、献身的に彼女を支え続けたこうへいさんが、2人で立ち向かった闘病記であるこの書籍について、執筆を担当したこうへいさんにお話を伺いました。

この本で私たちの真実が届けばとオファーを受けさせていただきました

――まず最初に、読者に自己紹介をお願いいたします。

私たちはこうへい、みずきのカップルでサニージャーニーというYouTubeチャンネルを運営しています。

以前は軽キャンピングカーに乗って沖縄から北海道まで日本一周をすることを目標に、旅動画を配信していたチャンネルでした。

しかし、その旅の途中みずきがすい臓がんステージ4と診断され旅を中断、現在は余命宣告を受けても明るく前向きに生きる姿をYouTubeで配信しています。

――今回の書籍『日本一周中に彼女が余命宣告されました。 ~すい臓がんステージ4 カップルYouTuber愛の闘病記~』はどのような内容なのでしょうか。

僕たち2人の出会いから、YouTubeを始めるまでの過程、すい臓がんの発覚から現在までの闘病の様子を僕視点で記した本になります。

当時の思いや動画では言えなかったことなど、余命宣告を受けた夫婦の闘病やネットでの誹謗中傷のリアルを赤裸々に書かせていただきました。

章ごとにみずきのインタビューが挿入されていて、みずきが当時どう感じていたかもリアルに感じることができると思います。

――出版のオファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

正直当時は、本を出すことをあまりリアルに考えてはいませんでした。

出版のオファーをいただいた時期がみずきがすい臓がんとわかってすぐの頃で、複数の出版社さんからお話をいただいていました。しかし、みずきの状況が1カ月後もわからない……という状況だったのでそれどころではなかったというのが本音です。

ただ、治療が落ち着いてきた頃に、最初のうちに声をかけてくれた双葉社の編集さんが改めて「本を出しましょう」と言ってくださいました。

その頃ネットニュースなどで自分達の大きく誤解されたイメージが拡散されていたので、この本で私たちの真実が届けばとオファーを受けさせていただきました。

実際に制作が始まって一番苦労したことは「覚えていないこと」でした

――これまでもブログなどで執筆の経験はされていたと思いますが、書籍の原稿としての執筆は気持ちのうえで、また実際に執筆してみてなにか違いはありましたか。

「僕が自分で全部書きます」口走ってしまいました。

本を書いてみたいという思いが昔からあったので、この機会にと挑戦しましたが、「僕が書きます」と言ったことを何度も後悔しました。

そのくらい初めて書籍の原稿を執筆するという作業はすべてが手探りで、とても大変でした。

物を書くということの難しさを改めて痛感する経験となりました。

結果としては、今回の書籍自体はとても読みやすい物に仕上がったと思いますが、それはすべて編集さんなどプロの方々のおかげです。

――実際に書籍の制作がはじまってから、ご苦労した点や楽しかった点、気づいた点など、制作時のエピソードがありましたらお教えください。

実際に制作が始まって一番苦労したことは「覚えていないこと」でした。

最初に「本を出さないか?」と言っていただいてからは一応日記をつけていましたが、それまでは日常を記録するという習慣がありませんでした。

すい臓がんの病気の始まりも、始めは重い病気だと思ってもいなかったので記録をつけていませんでしたし、それより前のYouTubeの開始や出会いの時期は記憶のみが頼りでした。

Googleマップの履歴やLINEの履歴、当時の写真や動画をみたり、みずきに聞いたりしながら必死で記憶をサルベージし、最終的にはかなり正確に当時を再現できたと思います。

そんな経緯があったので、病気が発覚して以降の方が描写が細かいと思います。

がんの発覚など辛いシーンでは、当時を思い出してしまい泣きそうになりながら書いてました。

――今回の書籍で注目してほしい部分はどんなところですか。

私たちも病気になる前はそうでしたが、すい臓がんというのは多くの映画や本で取り上げられすぎて、不治の病のイメージがあまりに強いです。しかし、実際にはここ十数年で治療は格段に進歩し、必ずしもすぐに死に至る病というわけではありません。

みずきの体験談を通して、「こういう場合もあるんだ」とすい臓がんの絶望的なイメージを少しでも変えて、今後同じ病気に罹る方の希望になればと思っています。

また、人生いつどんな困難が降りかかるかわかりません。そんな時、絶望的な状況でも明るく前向きに生きてきたみずきの姿を知ってもらうことで、誰かの何かの助けになれば幸いです。

まずは日本一周の再開、その後は世界も2人で旅してみたいと夢見ています

――普段はどのような本を読まれますか? 好きなジャンルや好きな作家さんがありましたらお教えください。

僕は昔から読書が大好きで、中高生の頃には1日1冊くらいのペースで小説を読み漁っていました。

現在ではそこまでの時間を読書に充てられないので読書量は減りましたが、相変わらず小説をよく読んでいます。

作家さんとしては、瀬尾まいこさん、朝井リョウさん、三浦しをんさんなどが好きですが、面白いと聞けば割となんでも読みます。

YouTubeを始めて個人事業主になってからはビジネス書も読みますし、みずきの病気が落ち着いてきてからは、西加奈子さんの『くもをさがす』や山本文緒さんの『無人島のふたり』などがんの闘病記も少しずつ読んでいます。

――近況と、今後の活動の目標などがありましたらお教えください。

みずきの病気も経過観察に入り、先日、無事結婚式を挙げることができました。

今後の目標はまずは日本一周の再開、その後は世界も2人で旅してみたいと夢見ています。

――最後に読者に向けて、メッセージをいただけますでしょうか。

私たちの書籍が実際に世に出るということが、今でも信じられない気持ちです。

これもすべて今まで応援してくださった皆様のおかげです。

私たちのささやかな物語が、ほんの少しでも皆さんの人生のお役に立てれば幸いです。


サニージャーニー初書籍『日本一周中に彼女が余命宣告されました。 ~すい臓がんステージ4 カップルYouTuber愛の闘病記~』

『日本一周中に彼女が余命宣告されました。 ~すい臓がんステージ4 カップルYouTuber愛の闘病記~』(サニージャーニー こうへい、みずき) 双葉社
 発売:2024年03月21日 価格:1,650円(税込)

著者プロフィール

サニージャーニー こうへい、みずき

こうへいとみずきによる旅行系YouTuber。日本一周を目標に活動してきたが、2022年11月にみずきがすい臓がんを患ったことにより旅は一時中断。その後、結婚もし、現在は治療や通院、回復の記録もYouTubeで発信している。

【サニージャーニーYouTubeチャンネル】https://www.youtube.com/c/sunnyjourney

(Visited 710 times, 1 visits today)