『京都伏見の榎本文房具店 真実はインクに隠して』(福田悠) 宝島社
 発売:2024年05月07日 価格:800円(税込)

東京の老舗文房具店でバイヤーとして働いていた榎本史郎は、京都伏見で文房具店を営んでいた祖母の死を機に、彼女の店を継ぐことにした。祖母の形見の硯箱に入っていた謎の大学ノートとファーバーカステルの鉛筆。物に無頓着な親友から突然贈られた高級万年筆。人気イラストレーターの転落死事件。大学の書道学科で起きた道具紛失事件。様々な謎を、史郎が文房具をヒントに優しく解き明かす。

【著者プロフィール】

1963年、京都府出身。2017年の「第16回『このミステリーがすごい!』大賞」隠し玉として、『本所憑きもの長屋 お守様』で2018年にデビュー。その他の著書に『前略、今日も事件が起きています 東部郵便局の名探偵』がある。

(Visited 13 times, 1 visits today)