『金環日蝕』(阿部暁子) 東京創元社
 発売:2022年10月31日 価格:1,980円(税込)

知人の老女がひったくりに遭う瞬間を目にした大学生の春風は、その場に居合わせた高校生の錬とともに咄嗟に犯人を追ったが、間一髪で取り逃がす。犯人の落とし物に心当たりがあった春風は、ひとりで犯人捜しをしようとするが、錬に押し切られて2日間だけの探偵コンビを組むことに。かくして大学で犯人の正体を突き止め、ここですべては終わるはずだったが――。2020年、車いすテニスを題材とした『パラ・スター』で大きな反響を集めた著者が、新たな挑戦として描いた壮大なミステリ。

【著者プロフィール】

1985年、岩手県出身。2008年に「第17回ロマン大賞」受賞作『屋上ボーイズ』(受賞時タイトル『いつまでも』)でデビュー。少女小説、ノベライズ等で活躍したのち、『鎌倉香房メモリーズ』シリーズで人気を集める。その他の著書に『どこよりも遠い場所にいる君へ』『また君と出会う未来のために』『室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君』『パラ・スター〈Side 百花〉』『パラ・スター〈Side 宝良〉』などがある。

(Visited 30 times, 1 visits today)