『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子) KADOKAWA
 発売:2021年06月15日 価格:660円(税込)
日本ホラー小説大賞を受賞した表題作をはじめ、明治期の岡山を舞台に、妖しくおぞましい4つの物語を描き、平成の時代を席捲した唯一無二の傑作ホラー小説『ぼっけえ、きょうてえ』。タイトルは岡山弁で「とても、怖い」という意味で、甲斐庄楠音さんの「横櫛」を装画に使用したことでも有名です。

その正統後継作といえるのが、この最新作『でえれえ、やっちもねえ』(角川ホラー文庫)です。

岡山弁で「本当に、悪い」という意味のタイトル。さらに今回も甲斐庄さんの「幻覚」を装画に使用した本作では、江戸、明治、大正、昭和、4つの時代の岡山を舞台に、恐るべき怪異と人の業とが交錯する、戦慄の物語が描かれます。
20年の時を経て、この令和の夏に満を持して蘇る『ぼっけえ、きょうてえ』の恐怖に、ぜひご期待ください。​

【著者の言葉】

ここに収めた小説は新作ばかりですが、私の中では様々なものが戻ってきた、原点に返った、再び世に出してもらえる、という気持ちでいます。私は苦しみがなければ書けないと改めて知ると同時に、今は喜びで一杯です。

【あらすじ】

時は明治。コレラの大流行で家族を喪った、岡山の貧しい少女ノリは、引き取られた施設で出会った少年・小平と結婚を約束する。だが、激動の時代の中、小平は徴兵され、日清戦争に出征することに。そんなある日、ノリは中国にいるはずの小平と再会し、契りを交わすが、それは小平の姿をした別の何かだった。そして生まれた異形の赤子は、その容貌を買われ、ニセの予言神に祭り上げられる。しかし、赤子はやがて恐るべき真の予言を語り始め……。(「でえれえ、やっちもねえ」)

【装画について】

先日、コロナ禍の影響で東京会場が惜しまれつつも閉幕となった「あやしい絵展」。同展覧会でも展示された、甲斐庄楠音さんの「幻覚」(京都国立近代美術館蔵)が本作の装画に使用されています。なんと『でえれえ、やっちもねえ』の口絵ページには「幻覚」の全体図が掲載。妖しくも美しい魅力を楽しめる豪華な文庫です。

【 『ぼっけえ、きょうてえ』とは】

1999年、第6回日本ホラー小説大賞した表題作「ぼっけえ、きょうてえ」ほか3篇を収録し、ベストセラーとなった岩井志麻子氏の代表作。2000年には第13回山本周五郎賞を受賞し、日本ホラー小説大賞と山本周五郎賞の史上唯一のW受賞を果たすなど、文学界に新境地を切り拓く。2006年には、世界のホラー映画監督13人が結集して作られた「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズの1作品として映像化された(監督:三池崇史)。累計発行部数40万部以上、20年以上も愛される日本屈指のレジェンドホラー小説である。

※本稿は、下記のプレスリリースを参考に作成いたしました。
岩井志麻子の傑作ホラー小説『ぼっけえ、きょうてえ』の恐怖が20年ぶりに蘇る! 最新作『でえれえ、やっちもねえ』角川ホラー文庫より6月15日(火)発売! 著者コメントも公開!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース 

【著者プロフィール】

1964年、岡山県生まれ。1999年に「ぼっけえ、きょうてえ」で「第6回日本ホラー小説大賞」を受賞。ま同作を表題作とした短編集により2000年に「第15回山本周五郎賞」も射止める。2002年には『岡山女』で「第124回直木賞候補」となったほか、『trái cây(チャイ・コイ)』で「第2回婦人公論文芸賞」、『自由戀愛』で「第9回島清恋愛文学賞」を受賞した。現在は執筆活動の他にタレント、コメンテーターとしてもかつやくしている。近著に『忌まわ昔』『業苦 忌まわ昔(弐)』『小説 エコエコアザラク』『現代百物語 終焉』など。

(Visited 75 times, 3 visits today)