『炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパークⅩⅦ』(石田衣良) 文藝春秋
 発売:2021年09月08日 価格:1,760円(税込)

著者のデビュー作にして、連続テレビドラマ、テレビアニメ、コミカライズ、演劇と多方面でメディア展開された、「池袋のトラブルシュータ―」と呼ばれるマコトの活躍を描く大人気シリーズ最新作。半グレ集団に脅かされる“パパ活女子”、女性ばかりを狙う“ぶつかり男”、トラブルに巻き込まれた“デリバリー配達員”……現代を鮮やかに切り取る4編を収録。

【著者プロフィール】

1960年、東京都出身。1997年に『池袋ウエストゲートパーク』で「第36回オール読物推理小説新人賞」を受賞しデビュー。2003年に、『4TEEN』で「第129回直木賞」受賞。そのほか2006年に『眠れぬ真珠』で「第13回島清恋愛文学賞」を、2013年には『北斗 ある殺人者の回心』で「第8回中央公論文芸賞」をそれぞれ受賞。著作は『うつくしい子ども』『娼年』『アキハバラ@Deep』『美丘』『清く貧しく美しく』など多数。

(Visited 51 times, 1 visits today)