『迷犬マジック』(山本甲士) 双葉社
 発売:2021年09月09日 価格:770円(税込)

日々の生活がイマイチ冴えない人々の前に現れる黒柴の迷い犬。首輪にマジックと書かれた謎の犬の出現で、独居老人や路上ライブをする若者、小さな理容店を営むアラフォー独身男、ライター志望のアラサー女子の日常に少しずつ変化が訪れる。「ひかりの魔女」シリーズでお馴染みの著者による「ほっこり系」書き下ろし小説。

【著者プロフィール】

1963年、滋賀県出身。1996年に『ノーペイン、ノーゲイン』が「第16回横溝正史ミステリ大賞」優秀作に選ばれデビュー。代表作に「探偵稼業シリーズ」「始末や稼業シリーズ」『どろ』『かび』『とげ』の3部作など。また2006年の『わらの人』は、『髪がかり』のタイトルで2008年に映画化されている。近著に『ひかりの魔女 さっちゃんの巻』。

(Visited 91 times, 1 visits today)