『錆喰いビスコ8 神子煌誕!うなれ斉天大菌姫』(瘤久保慎司) KADOKAWA
 発売:2022年01月08日 価格:792円(税込)

すべてを錆びつかせる「錆び風」の猛威に晒され荒廃した未来の日本を舞台に、それに対抗する術を持った「キノコ守り」の少年・赤星ビスコの活躍を描いた人気シリーズ最新作。懐妊したパウーのために、北海道で「霊雹」のキノコを探す最強キノコ守りコンビのビスコ&ミロ。しかし、謎の飛翔体・箱舟が来襲し、北の大地ごとアブダクションされてしまう。新たに現れた敵は『箱舟大統領・メア』を名乗り、地球生命の保存と地球環境のリライトを標榜! 窮地に立たされる二人だが……。

【著者プロフィール】

2017年に「第24回電撃小説大賞」銀賞を受賞し、翌年に受賞作『錆喰いビスコ』でデビュー。シリーズ化された同作が『このライトノベルがすごい!2019』誌において年間総合・新作1位を獲得という史上初の快挙を記録する。2019年にはコミカライズも行われ、本年1月よりテレビアニメもスタートする。

(Visited 8 times, 1 visits today)