『燕は戻ってこない』(桐野夏生) 集英社
 発売:2022年03月04日 価格:2,090円(税込)

北海道での介護職を辞し、憧れの東京で病院事務の仕事に就くも、非正規雇用ゆえに困窮を極める29歳女性・リキ。「いい副収入になる」と同僚のテルに卵子提供を勧められ、ためらいながらもアメリカの生殖医療専門クリニック「プランテ」の日本支部に赴くと、国内では認められていない<代理母出産>を持ち掛けられ……。平凡な主婦たちが日常から逸脱していく姿を壮絶に描いた『OUT』から25年、女性たちの困窮と憤怒を捉えつづける作家による、予言的ディストピア。

【著者プロフィール】

1951年、石川県生まれ。ジュニア小説作家を経て、1993年に『顔に降りかかる雨』で「第39回江戸川乱歩賞」を受賞し、ミステリ作家へと転身。1998年『OUT』の「第51回日本推理作家協会賞」受賞で大きな注目を集めたあと、1999年に『柔らかな頬』で「第121回直木賞」を受賞した。ほかにも2003年『グロテスク』で「第31回泉鏡花文学賞」、2004年『残虐記』で「第17回柴田錬三郎賞」、2005年『魂萌え!』で「第5回婦人公論文芸賞」、2008年『東京島』で「第44回谷崎潤一郎賞」、2009年『女神記』で「第19回紫式部文学賞」を受賞している。また2010年刊行の『ナニカアル』は同年に「第17回島清恋愛文学賞」を、翌2011年に「第62回読売文学賞」の2賞を受賞した。2015年には紫綬褒章を受章、21年には「早稲田大学坪内逍遥大賞」を受賞している。近著に『砂に埋もれる犬』『インドラネット』『日没』など。

(Visited 69 times, 1 visits today)