『うまたん ウマ探偵ルイスの大穴推理』(東川篤哉) PHP研究所
 発売:2022年06月10日 価格:1,760円(税込)

田舎の乗馬クラブで起こった殺人事件。容疑者とされたのは、なんと馬のロック。本当にロックの犯行なのか腑に落ちない牧場の娘・陽子(マキバ子)に、元競走馬のルイスが話しかけてきて……!?(「馬の耳に殺人」より)――『謎解きはディナーのあとで』の著者が仕掛ける、大本命ユーモアミステリ! 小さな田舎町で起こる不可解な事件に、元競走馬と牧場の娘のコンビが挑む全5編を収録した連作短編集!!

【著者プロフィール】

1968年、広島県生まれ。アンソロジーでの作品発表を経て、2002年に新人発掘プロジェクト「KAPPA-ONE登龍門」に選ばれ『密室の鍵貸します』で本格的にデビュー。2010年に発表した『謎解きはディナーのあとで』が徐々に売り上げを伸ばし、2011年に「第8回本屋大賞」を受賞。連続ドラマ化や映画化を経てシリーズ累計300万部を超える人気作となる。その他デビュー作や連続ドラマ化された『私の嫌いな探偵』を含む「烏賊川市シリーズ」、同じく連続ドラマ化された『放課後はミステリーとともに』を含む「鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ」や「探偵少女アリサの事件簿」「かがやき荘西荻探偵局」「平塚おんな探偵の事件簿」「魔法使いマリィ」など多数の人気シリーズを持つ。近著に『スクイッド荘の殺人』『野球が好きすぎて』など。

(Visited 19 times, 2 visits today)