『ロスト・ドッグ』(酒本歩) 光文社
 発売:2022年08月24日 価格:2,090円(税込)

手術をすれば助かるが200万円かかる――愛犬が心臓病になり高額な手術費用を提示された主人公は、家族であるという想いと、犬であるという現実の狭間で思い悩む。そして同じ頃、発見された身元不明の遺体の周りには、無数の犬の骨が散乱していた――。ペットショップでは売れ残った犬が鳴き、セレブが集う動物病院では、名医の診察を待つ行列ができている。動物医療の在り方を問う長編ミステリ!

【著者プロフィール】

1961年、長野県生まれ。2016年に「第3回かつしか文学賞」優秀賞を受賞。2018年に「さよならをもう一度」で「第11回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」を受賞し、翌2019年に『幻の彼女』と改題のうえデビュー。その他の著書に『幻のオリンピアン』がある。

(Visited 196 times, 1 visits today)