『クロコダイル・ティアーズ』(雫井脩介) 文藝春秋
 発売:2022年09月26日 価格:1,760円(税込)

「クロコダイル・ティアーズ」――それは偽物の涙を指す言葉。夫を殺された美しい妻。しかし彼女の立場は犯人のひと言で一変した。その犯人は妻のかつての恋人であり、その男が裁判で彼女から殺害を依頼されたと証言したからだ。美しき未亡人は、夫の殺害を企てた悪女なのか、それとも。女の涙を疑う母親と信じたい父親。家族の間に疑心暗鬼が広がっていく――。

【著者プロフィール】

1968年、愛知県生まれ。1999年に内流悠人名義で応募した『栄光一途』で「第4回新潮ミステリー倶楽部賞」を受賞し、翌2000年に同作でデビュー。2004年に発表した『犯人に告ぐ』が大きな注目を集め、2005年には「第7回大藪春彦賞」を受賞した。主な著書に『火の粉』『クローズド・ノート』『ビター・ブラッド』『検察側の罪人』『仮面同窓会』『望み』「引き抜き屋」シリーズ、近著に『霧をはらう』などがある。

(Visited 33 times, 1 visits today)