『ポエトリー・ドッグス』(斉藤倫) 講談社
 発売:2022年10月31日 価格:1,760円(税込)

「このバーでは、詩を、お出ししているのです」――いぬのマスターが営むそのバーでは、お通しに「詩」が供される。T・S・エリオット、ガートルード・スタイン、萩原朔太郎、ボードレール、宮沢賢治、アルチュール・ランボー……いぬのマスターの姿を借りて、詩人である著者が綴る全31篇の詩をめぐる物語。「詩っていうのは、おもい出させようと、してくれてるのかもね。このじぶんだけが、じぶんじゃなかったかもしれないことを。このせかいだけが、せかいじゃなかったかもしれないことを」

【著者プロフィール】

1969年、秋田県生まれ。2004年に詩集『手をふる 手をふる』でデビュー。2014年にははじめての児童向け長編小説『どろぼうのどろぼん』を発表。同作は「第48回日本児童文学者協会新人賞」「第64回小学館児童出版文化賞」を受賞した。詩人、小説家、絵本作家として活動している。近著にうきまるとの共著による『にだんべっど』『のせのせせーの!』や、『私立探検家学園 1 はじまりの島で』『新月の子どもたち』『さいごのゆうれい』などがある。

(Visited 15 times, 1 visits today)