『四日間家族』(川瀬七緒) KADOKAWA
 発売:2023年03月01日 価格:1,870円(税込)

自殺を決意した夏美は、ネットで繋がった同じ望みを持つ3人と車で山へ向かう。夜更け、車中で練炭に着火しようとした時、森の奥から赤ん坊の泣き声が。「最後の人助け」として一時的に赤ん坊を保護した4人。しかし赤ん坊の母親を名乗る女性がSNSに投稿した動画によって、連れ去り犯の汚名を着せられ、炎上騒動に発展、追われることに――。暴走する正義から逃れ、4人が辿り着く真相とは。

【著者プロフィール】

1970年、福島県生まれ。2011年に『よろずのことに気をつけよ』で「第57回江戸川乱歩賞」を受賞し作家デビュー。2021年『ヴィンテージガール 仕立屋探偵桐ヶ谷京介』が「第4回細谷正充賞」に選ばれ、「第75回日本推理作家協会賞長編部門」候補作となった。その他の著書に「法医昆虫学捜査官」シリーズ、「賞金稼ぎスリーサム!」シリーズ、『女學生奇譚』『フォークロアの鍵』『革命テーラー』、近著に『クローゼットファイル』『うらんぼんの夜』などがある。

(Visited 88 times, 1 visits today)