『恋する殺人者』(倉知淳) 幻冬舎
 発売:2023年06月07日 価格:1,540円(税込)

大好きな従姉の事故死に不審を抱く大学生・高文は、彼に片思いするフリーター女子・来宮を“助手”に真相を探っていく。大型猫科肉食獣を思わせる担当刑事・鷲津にあしらわれながら“捜査”を進める高文だが、彼が協力を依頼した人が次々と殺されていく。一体、何がどうなっているのか――? 真帆姉は、本当に事故で死んだのか。大学生の素人探偵が辿り着いた真相は、純情? 愛情? 過剰? 異常? “読書”の快楽が存分に味わえる、これぞ本格ミステリ。

【著者プロフィール】

1962年、静岡県出身。1993年にアンソロジー『競作 五十円玉二十枚の謎』の一般公募部門にて「若竹賞」を受賞した「解答編」が収録される。同作に登場した猫丸先輩を探偵役とした『日曜の夜は出たくない』で1994年にデビュー。2001年に『壷中の天国』で「第1回本格ミステリ大賞(小説部門)」を受賞している。主な著作に「猫丸先輩」シリーズ、「乙姫警部」シリーズ、『星降り山荘の殺人』『なぎなた』『こめぐら』『シュークリーム・パニック』『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』『ドッペルゲンガーの銃』『作家の人たち』、近著に『大雑把かつあやふやな怪盗の予告状 警察庁特殊例外事案専従捜査課事件ファイル』『世界の望む静謐』などがある。

(Visited 103 times, 1 visits today)