『眠れない夜にみる夢は』(深沢仁) 東京創元社
 発売:2023年06月30日 価格:1,760円(税込)

3人は同じ日の夜に出会い、恋に落ちた。俺は彼女に。彼女はあの男に。そして、あの男が恋をした相手は俺だった。なぜ俺なのか、とあの男に訊いてみた。健やかな馬鹿がタイプなのだという。それって悪口じゃないのか? それはともかく俺たちの一方通行の三角関係は、しかしそれほど時間を置くこともなく、べつのものへと姿を変えていった。(「明日世界は終わらない」)――さまざまな登場人物たちが織り成す、ひとことでは言い表せないような繊細な人間関係を描いた珠玉の5編を収録。

【著者プロフィール】

2010年、詩集『狼少女は羊を逃がす』を自費出版で発表。2011年に「第2回『このライトノベルがすごい!』大賞」優秀賞を受賞し、『R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く』を刊行。2020年には『この夏のこともどうせ忘れる』で「第12回高校生が選ぶ天竜文学賞」を受賞している。その他の著書に「英国幻視の少年たち」シリーズ、『渇き、海鳴り、僕の楽園』がある。

(Visited 64 times, 1 visits today)