『怖いトモダチ』(岡部えつ) KADOKAWA
 発売:2024年02月16日 価格:1,595円(税込)

「綺麗な人でしょう。心はもっと美しいんだよ。ほんと、憧れの人!」「カリスマってああいう人のことを言うんだろうな。」「あの人はカリスマ性がある反面、ものすごく傷つきやすい人。」「うちの家族はまだ、あの人に心を操られたままなんです。」「そういえば、ルミンさんて、プライベートなことは話さない……。」――16人のさまざまな証言をもとに、女の正体にせまる1作。女は一体何者で、なぜ嗅ぎ回られているのか……? 読めば読むほど謎が深まり、ゾッとするラストは頭から離れない……。

【著者プロフィール】

1964年、大阪府生まれ。2008年に「第3回『幽』怪談文学賞短編部門」大賞を受賞し。翌2009年に受賞作を表題とした短編集『枯骨の恋』でデビュー。2014年に刊行された『残花繚乱』が『美しき罠〜残花繚乱』として連続ドラマ化。また2018年公開の映画に先駆ける形で2017年に刊行された小説版『嘘を愛する女』は累計15万部のベストセラーとなった。その他の著書に『新宿遊女奇譚』『生き直し』『パパ』『フリー!』『気がつけば地獄』などがある。

(Visited 383 times, 1 visits today)