『マリリン・トールド・ミー』(山内マリコ) 河出書房新社
 発売:2024年05月28日 価格:1,815円(税込)

友達なし、恋人なし、お金なし。上京直後にコロナ禍に見舞われてしまった大学生・瀬戸杏奈。八方塞がりの生活の中で孤独を募らせる彼女のもとに、ある夜、1本の電話がかかってくる。その相手こそ、なんと伝説のハリウッドスターであるマリリン・モンローだった――!? 運命突破系青春小説!

【著者プロフィール】

1980年、富山県生まれ。2008年に短編「十六歳はセックスの齢」で「第7回女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞。2012年に同作を含む短編集『ここは退屈迎えに来て』を発表。その他の著書に『アズミ・ハルコは行方不明』『あのこは貴族』『選んだ孤独はよい孤独』『一心同体だった』『すべてのことはメッセージ 小説ユーミン』などがある。

(Visited 8 times, 1 visits today)