『ロング・アフタヌーン』(葉真中顕) 中央公論新社
 発売:2022年03月09日 価格:1,815円(税込)

新央出版の編集者・葛城梨帆の元に突然、原稿が届く。それは以前新人賞で落選した志村多恵からのもので、学生時代の友人が時を経て再会するところから物語は始まっていた。立場の違う2人の会話はすれ違い、次第に殺意が募っていく。「いっそのこと、最後にこの女を殺してやろうか」――。そんな物語の女たちの苦境に思いを馳せるうち、梨帆自身も忘れられない出来事と原稿内容がリンクし始める……。

【著者プロフィール】

1976年、東京都生まれ。2010年にはまなかあき名義で児童文学作品『ライバル おれたちの真剣勝負』を発表後、2013年に『ロスト・ケア』で「第16回日本ミステリー文学大賞新人賞」を受賞しデビュー。2019年に『凍てつく太陽』で「第21回大藪春彦賞」と「第72回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)」をダブル受賞。近著に『灼熱』『そして、海の泡になる』など。

(Visited 88 times, 1 visits today)