『セレナーデ』(Uru) KADOKAWA
 発売:2022年06月15日 価格:1,760円(税込)

この春、大きな注目を集めた連続ドラマ『マイファミリー』の主題歌『それを愛と呼ぶなら』で話題のシンガー・Uruが、ライブでの朗読やファンサイトで披露してきた、自身の楽曲を素に綴った物語を待望の書籍化。これまでに発表された「しあわせの詩」「鈍色の日」に加え、摂食障害で悩む高校3年生の少女を主人公に、とある出来事から恋人、幼馴染との関係が崩れていく様を描いた書き下ろし青春群像劇「セレナーデ」の全3編を収録。

【著者プロフィール】

2013年よりYouTubeで楽曲の歌唱・演奏・アレンジ・プログラミング・撮影・編集などすべてを自身で行った名曲のカバー動画の投稿を開始。100本に及ぶ動画投稿を経て、2016年に『星の中の君』でメジャーデビュー。ドラマや映画・アニメ等数々のタイアップ楽曲を手掛け、2020年には「第62回 日本レコード大賞」にて『特別賞』を受賞している。代表曲は『あなたがいることで』『プロローグ』『振り子』『それを愛と呼ぶなら』など。

(Visited 17 times, 1 visits today)