『浮遊』(遠野遥) 河出書房新社
 発売:2023年01月19日 価格:1,650円(税込)

高校生のふうかは、IT企業を経営する父親ほども年の離れた男・蒼くんの家で暮らしている。連絡はしてくるが帰宅を求めず、ある種の無関心を決め込む父親を気にもとめず、柔らかいソファに座り、蒼くんの元恋人のアーティストが自分を象って造ったマネキンの下、夜毎ホラーゲームに没入する。ゲームの主人公を操作し悪霊たちから逃げ続けるふうか。本人も気づいていない、自分の希薄な現実をなぞるかのように――。

【著者プロフィール】

1991年、神奈川県出身。2019年に「第56回文藝賞」を受賞し、受賞作『改良』でデビュー。2020年の『破局』で「第163回芥川賞」を受賞。近著に『教育』がある。

(Visited 23 times, 1 visits today)