3月3日に刊行された小説『かなしみの向こう側』の発売記念企画として、著者の高佐一慈さん(THE GEESE)が、小説執筆経験のある芸人さんと対談する企画が進行中です。

 今回の対談相手は、小説『余った傘はありません』『夜にはずっと深い夜を』や、絵本『やねの上の乳歯ちゃん』を書かれた鳥居みゆきさん。

 ナニヨモ編集部は、『余った傘はありません』の執筆について、鳥居さんに質問させていただきました。

第1回:加賀翔さん(かが屋)の回はこちら

第3回:滝沢秀一さん(マシンガンズ)の回はこちら

第4回:バイク川崎バイクさんの回はこちら

【鳥居みゆきさんへのご質問】

1.『余った傘はありません』について、まだ読んだことのない方へ向けて、内容を教えてください。

私が常に思っていたかなしみの向こう側をテーマに書きました。

2.『余った傘はありません』を書かれた、きっかけを教えてください。

 姉が勝手に応募してこうなりました。

3.執筆されたときに苦労したこと、当初の構想から変化した部分など、執筆時のエピソードがございましたら教えてください。

 パソコンの電源繋げるコードギリギリのとこで書いていましたので不安定でした。

4.お笑いによる表現と、小説による表現との違いで、意識されたところはありますでしょうか?

 同じといえば同じで違うといったら違う。

5.これまでに読まれてきて影響を受けた作品はありますでしょうか? 小説や文芸に限らず、映画でも。お好きな作品・作家を教えてください。

 ハリーポッター

6.『余った傘はありません』で、読者にとくに見てもらいたい・感じてもらいたいところは?

 紙で手を切らないように注意してください。

7.小説を書くうえで大切にされていることや、こだわりを教えてください。

 締め切りに間に合うこと。

8.高佐さんの『かなしみの向こう側』を読まれた感想を教えてください。

 私が書いたような錯覚に陥りました。私が書いたのかもしれません。

鳥居みゆきさんの『余った傘はありません』

鳥居みゆき(とりいみゆき)

秋田県出身。1991年生まれ。独特な不条理世界を演じるコントで異彩を放つお笑い芸人。バラエティ番組、ライブ等で活躍するだけでなく、映画にも多数出演。稀有な才能で圧倒的な存在感を見せる。著書に『夜にはずっと深い夜を』『余った傘はありません』、絵本『やねの上の乳歯ちゃん』がある。

対談動画はこちら

前編

後編

(Visited 162 times, 1 visits today)