本のニュースを毎日お届け!

投稿は見つかりませんでした

投稿は見つかりませんでした

投稿は見つかりませんでした

投稿は見つかりませんでした

投稿は見つかりませんでした

投稿は見つかりませんでした

投稿は見つかりませんでした

カテゴリー: 新刊インタビュー5 / 13 ページ

私にとって、『書きたいシーンを書くこと』は小説を執筆する上で最大のモチベーション――『勿忘草をさがして』真紀涼介さんインタビュー

春の訪れを告げる桜。雨露に濡れる紫陽花。真夏の日差しを浴…

誰かの日常、しかもきわめてプライベートな、パーソナルな部分を覗き見てしまうような面白さ――『Love Letters 〜100回継ぐこと〜』作道雄さんインタビュー

小説投稿サイト『ステキブンゲイ』で2021年2月からはじ…

本というものの素晴らしさを伝えつづけたい、それが自分の役割だと思っています――『鯨オーケストラ』吉田篤弘さんインタビュー

小説家であると同時に、「クラフト・エヴィング商會」の名前…

ワコと、祖父の若き日を描いた青春小説でもあるので――『お菓子の船』上野歩さんインタビュー

ネジ工場、理容師、飲食店用品店、鋳物工場、そして労働基準…

兄弟や家族に、ちょっとだけ苦い思いがある人には、どこかに共感してもらえるんじゃないかと思っています――『四度目のうぶごえ』森春子さんインタビュー

もしあなたの家族だけが共有しているはずの「家族の思い出」…

Twitterでは「刺さる」文章を書こうと意識していますが、書籍では逆にサラサラ読めるような文章を書くように気をつけました――『息が詰まるようなこの場所で』外山薫さんインタビュー

人の住みやすい平地が国土の約3割と、あまり住環境に恵まれ…

私自身、ミステリーを書きながら、ミステリーに助けられています――『殲滅特区の静寂 警察庁怪獣捜査官』大倉崇裕さんインタビュー

「福家警部補」シリーズ、「警視庁いきもの係」シリーズ、「…

小説は、作家と読者の共同作業なのです――『影と踊る日』神護かずみさんインタビュー

地元のテレビ局で、特殊詐欺対策の啓蒙活動を任されていた女…

決して完璧ではなく、どこか不器用で、けれどどうしようもなく温かい、そんな人々を描きたいと思いました――『サンティトル』一ノ瀬縫さんインタビュー

自分がいま何者なのかを言葉にできない心許なさ、社会の中に…

この世にある失恋のすべてがこの本に詰まってます――『いつかこの失恋を、幸せにかえるために』中村航さんインタビュー

中村航さんの文庫新刊『いつかこの失恋を、幸せにかえるため…