本のニュースを毎日お届け!

投稿は見つかりませんでした

投稿は見つかりませんでした

カテゴリー: 新刊インタビュー2 / 13 ページ

「恐怖」を常に意識してしまう、生粋のホラー作家なのかなと思います――『死人の口入れ屋』阿泉来堂さんインタビュー

骨董、アンティーク、古道具……希少な美術品や宝飾から、工…

馴染みのない方ほど、キャンプ場という異界に足を踏み入れる恐怖が高まるかもしれません――『歪つ火』三浦晴海さんインタビュー

一時期の過剰なブームは落ち着きつつあるものの、アウトドア…

これまで書いたことのないような話になりましたが、私らしさはあると思います。むしろフルスロットルかもしれません――『キスに煙』織守きょうやさんインタビュー

2013年に現役弁護士作家としてデビューし、ミステリやホ…

何気ない時間を大好きな人たちと過ごす大切さを感じ取っていただければと思います――『余命100食』湊祥さんインタビュー

「『最後の晩餐』にはなにを食べたい?」――テレビ番組でタ…

じつは大まかなプロットが完成した時点では、「案山子」はまだ登場していませんでした――『案山子の村の殺人』楠谷佑さんインタビュー

これまでおもにライト文芸のジャンルでミステリ作品を発表し…

「仲田のことをもっと知りたい!」という反響を沢山いただき、4作目は仲田自身にスポットを当てた話に――『少女が最後に見た蛍』天祢涼さんインタビュー

昨年4月から成人年齢が18歳に引き下げられ、日本では18…

電車の中って、狭い空間に知らない人といるわけで、けっこういろいろなことが起こりますよね?――『一駅一話! 山手線全30駅のショートミステリー』柊サナカさんインタビュー

品川駅を起点に、東京の都心部を走る「JR山手線」。202…

「希望と絶望はセットです」その台詞に辿りつくために、この小説があったような気がしています――『神に愛されていた』木爾チレンさんインタビュー

目の前に現れた若きヴォルフガング・アマデウス・モーツァル…

自分の平凡さを強みに、普通の人の話を書き続ける小説家でいたい――『ずっとそこにいるつもり?』古矢永塔子さんインタビュー

いまの状況を変えたいと願いながら、あと一歩が踏み出せない…

物語に、これでもかというくらい『不測の事態』を詰め込むことにしました――『ウミドリ 空の海上保安官』梶永正史さんインタビュー

日本の海上における安全と治安の確保を任務として1948年…